名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 賃貸物件を自宅兼仕事場に!SOHO物件とは?メリット・デメリットをチェック!

賃貸物件を自宅兼仕事場に!SOHO物件とは?メリット・デメリットをチェック!

≪ 前へ|名古屋市西区とはどんな場所?特徴と将来ビジョンを紹介!   記事一覧   名古屋市中区にある久屋大通庭園フラリエのおすすめポイントとアクセス情報|次へ ≫

賃貸物件を自宅兼仕事場に!SOHO物件とは?メリット・デメリットをチェック!

賃貸物件を自宅兼仕事場に!SOHO物件とは?メリット・デメリットをチェック!

近年、さまざまな働き方をする人が増えてきました。
そんな働き方のひとつに「SOHO」があります。
SOHOが増えることに伴ってSOHO物件という賃貸物件も登場してきており、注目されています。
ここではSOHO物件について特徴やメリット・デメリットをご紹介していきますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

注目の賃貸物件!SOHO物件とはどのようなもの?

まず、SOHOについて解説していきましょう。
SOHOとは「Small Office Home Office」の略語で、小さいオフィスや自分の家を仕事場として働いていくことや、そのための部屋や物件のことを言います。

自宅とSOHO物件の違い

自宅はあくまでも生活を送るための場所なので、間取りや通信環境、コンセントの配置などが仕事をするのに最適とは言えません。
その点SOHO物件は、日常生活を送るスペースと仕事用のスペースが分かれた間取りになっていて集中しやすいという特徴があります。
通信環境が整い、パソコンなどを使うためのコンセントが多く設置されている部屋もあります。

オフィスとSOHO物件の違い

一般的なオフィスは事業を専門におこなうための部屋で居住スペースがないのが特徴で、寝泊まりすることができません。
表札や看板を出すことや法人登記などが許可されているのはオフィスのみで、SOHO物件には許可されていません。
また、家賃に関して、オフィスは課税されますがSOHO物件は課税されないという点も大きな違いです。

賃貸のSOHO物件におけるメリット・デメリット

まずSOHO物件のメリットを紹介します。

寝泊まりが可能

一般的なオフィス物件と異なり、寝泊まりすることが可能です。

初期費用が安い

敷金や礼金をはじめとして初期費用が高めに設定されているオフィス物件と異なり、SOHO物件は一般的な賃貸物件と変わらない敷金礼金なので、初期費用がそれほどかかりません。
さらに月々の家賃もオフィス物件よりも安く抑えることができ、経費削減に役立ちます。
一方で、SOHO物件には次のようなデメリットもあります。

不特定多数の人の出入りは禁じられている

オフィス物件は不特定多数の人の出入りが可能ですが、SOHO物件は基本的に住居用扱いなので不特定多数の人が出入りするような仕事には向きません。

仕事とプライベート空間が混同する

同じ室内で食事を作ったり眠ったりすることになるため、仕事とプライベートの切り分けが難しい場合があります。
仕事に集中したい場合は、仕事部屋とプライベート空間がきちんと分かれた間取りの部屋を選ぶようにしましょう。

まとめ

SOHO物件とは、近年増えつつあるSOHOで仕事をする方のための賃貸物件のことです。
オフィス物件と比べて安い初期費用と家賃で借りることができ、寝泊まりも可能な点がメリットです。
ただ、不特定多数の人が出入りする仕事には不向きだったり仕事とプライベート空間が混同しやすかったりするというデメリットがあることも覚えておきましょう。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに合った条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|名古屋市西区とはどんな場所?特徴と将来ビジョンを紹介!   記事一覧   名古屋市中区にある久屋大通庭園フラリエのおすすめポイントとアクセス情報|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る