名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 賃貸物件での畳の交換にかかる費用はどうなるのか解説

賃貸物件での畳の交換にかかる費用はどうなるのか解説

≪ 前へ|賃貸物件の1階で暮らすメリットとデメリット   記事一覧   賃貸物件で暮らす方におすすめしたいカーテンの選び方について|次へ ≫

賃貸物件での畳の交換にかかる費用はどうなるのか解説

賃貸物件での畳の交換にかかる費用はどうなるのか解説

長く使用してきた畳は、色あせが目立ってきたり、傷みが激しくなってきたりと、不具合が感じられやすくなります。
そのさいに気になるのが、交換に必要になる費用をだれが負担するのかということです。
ここでは、賃貸物件においての交換の相場などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件での畳の交換にかかる費用の負担について

普通に使っていても、畳は劣化が気になってきます。
このような場合、いくつかの対応策があり、それぞれに特徴があります。
一つは、「表替え」と呼ばれているもので、よく見られる対応策の一つです。
これは、畳の表部分のみを新しくする方法です。
ほかにも、「裏返し」することで対応することもできますし、そのものを新しくする方法もあります。
気になる交換にかかる費用の負担についてですが、こちらはどんな契約内容になっているかによって異なってきます。
契約書に借主が負担する旨が記載されている場合は、賃貸物件を借りている人が費用を負担しなければなりません。
また、自分の不注意で畳を傷めてしまった場合なども、借主が費用を出すことになる場合が多いようです。
契約書中に、そういったことが記載されていない場合は、貸主がその費用を出すことになりますので、まずはもう一度賃貸契約書を確認してみましょう。

賃貸物件での畳の交換にかかる費用の相場とは

賃貸物件での畳の交換にかかる費用は、どのような方法でおこなうかによって金額が違ってきます。
畳そのものを交換する場合は、どうしても費用が高くなってしまいます。
相場としては、一般的に一枚あたり13,000円くらいになると考えていてください。
表替えの場合は、一枚あたり5,000円くらいが相場になっていますし、裏返しであれば比較的安く一枚あたり4,000円くらい必要になります。
畳も、他の設備などと同じように、いわゆる寿命のようなものもあり、永久に使用できるものではありません。
一般的に、12、3年くらいが寿命になりますので、知識として覚えておくことをおすすめします。
できれば、良い状態で長く使いたいとお考えになる方が多いと思いますが、そのためには、日頃からこまめに掃除をおこない、傷みを抑える努力も必要です。
畳の目にそってほうきや掃除機をかけるようにして、綺麗を保つ工夫をしましょう。

まとめ

賃貸物件の場合の交換費用は、どのような契約書になっているかによっても違ってきます。
また、自分の不注意で傷めたり汚してしまったりした場合は、借主が負担することが多いです。
できるだけ傷まないように、日頃から掃除などしてしっかりお手入れをするようにしましょう。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに合った条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の1階で暮らすメリットとデメリット   記事一覧   賃貸物件で暮らす方におすすめしたいカーテンの選び方について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る