名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?

敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?

≪ 前へ|これがあれば新生活のスタートはバッチリ!一人暮らしの必需品はこれを揃えよう!   記事一覧   災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!|次へ ≫

敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?

敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?

賃貸物件を探していると、「敷金礼金なし」と表記された物件を見かけることがあります。
費用を節約できて、いいことだけのように感じるかもしれませんが、注意点もありますから覚えておきましょう。
今回は名古屋市への居住を検討している方に向けて、敷金礼金なしの賃貸物件のメリット・デメリットと、注意点についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

敷金礼金なしの賃貸物件を借りるメリット・デメリットとは?

賃貸物件を借りるときは、敷金と礼金が必要なことが多いでしょう。
一般的には、敷金が家賃の2カ月分、礼金が1カ月分かかります。
すると、家賃7万円の物件だと、21万円ものお金が必要です。
敷金礼金なしの賃貸物件は、このお金を節約できることが大きなメリットです。
ただし、デメリットに気を付けなくてはなりません。
まず、入居時にお金がかからない分、退去時に費用を請求されるケースが多いこと。
賃貸物件の入居者には、部屋を退去するときに原状回復する義務があります。
入居時に敷金を支払った場合、修復に必要な費用が差し引かれ、残ったお金は返してもらえます。
その点、敷金がないと、退去時にそれらの費用を支払わなくてはなりません。
部屋のクリーニング代なども別途請求されると、思わぬ出費になる可能性もあります。
ですから契約の際に、どのような費用が請求対象となるのかについて、しっかりと確認しておきましょう。
また敷金には、家賃が支払えなくなった場合の保証金としての役割もあります。
ですから敷金がないと、家賃滞納への対応が厳しいことも考えられます。
契約前には、このような点もしっかりと覚えておきましょう。

敷金礼金なしの賃貸物件を契約する際の注意点とは?

大きなメリットがある敷金礼金なしの賃貸物件ですが、注意点もしっかりと押さえておくことが大切です。
まず、理由をきちんと確認すること。
たとえば、なかなか入居者が決まらない物件は、大家さんが空室対策のために敷金礼金なしにしていることが多くあります。
なぜ入居者が決まらないのかを確認しておかないと、住んでから後悔することがあるかもしれません。
「駅から遠い」「設備が古い」などの理由なら、自分が気にならない場合は契約しても問題ないでしょう。
また、敷金礼金がない分、家賃が高めに設定されている可能性もあります。
確認するためには、周辺の物件の相場と比べてみるとよいでしょう。

まとめ

賃貸物件を借りるときに、敷金や礼金を支払う必要がないと、初期費用を大幅に節約できます。
ただし注意点もありますから、メリット・デメリットをしっかりと理解しておきましょう。
退去の際に費用を請求されることもありますから、契約前にしっかりと確認しておくことが大切です。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|これがあれば新生活のスタートはバッチリ!一人暮らしの必需品はこれを揃えよう!   記事一覧   災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る