名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!

災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!

≪ 前へ|敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?   記事一覧   賃貸マンションに表札は必要?表札をつけるメリット・デメリットもチェック|次へ ≫

災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!

災害時に備えて名古屋市の防災情報を確認しておこう!

災害はいつ起こるかわかりませんから、日ごろからきちんと備えておくことが大切です。
防災グッズを準備するなどの他に、地域の防災情報も事前にチェックしておきましょう。
今回は名古屋市への居住を検討している方に向けて、市の防災情報についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

名古屋市の防災情報を知ろう!ハザードマップや避難所について

名古屋市のハザードマップは、「地震」「津波」「洪水・内水」の3種類です。
特に、大きな地震の発生に備えるための地震ハザードマップは、事前に確認しておきましょう。
名古屋市の地震ハザードマップは、区ごとに分けて作成されていることが特徴です。
マップ面には「過去の地震を考慮した最大クラス」と「あらゆる可能性を考慮した最大クラス」の2パターンに分けて、震度と液状化の可能性がある地域が載っています。
さらに指定緊急避難場所や指定避難所は、屋内施設と屋外施設に分けて記載されているため、わかりやすくて便利です。
情報面には避難の方法や備蓄品チェックリストなど、役立つ情報がいろいろと載っていますから、有効に活用しましょう。
また避難場所は、「ナゴヤ避難ガイド」でも確認できます。
避難所の一覧表や位置、避難の方法などが載っているリーフレットですから、一度目を通しておきましょう。

名古屋市の防災情報を知ろう!名古屋市防災アプリなどの情報取得手段

名古屋市には、災害情報を取得する方法がいろいろとあります。
まず「名古屋市防災アプリ」は、防災情報や災害時の帰宅支援情報について、スマートフォンやタブレット端末で確認できるアプリです。
起動すると、画面の上半分にカメラ映像、下半分に地図が表示されます。
そこに、震度や津波浸水深などの「被害想定情報」や「避難所情報」などが表示される仕組みです。
無料でダウンロードできますから、ぜひ事前に手続きしておきましょう。
また「きずなネット防災情報」は、中部電力株式会社と協力して行っている災害情報メール配信サービスです。
災害緊急情報や防災・減災情報を受け取れますから、こちらも事前に登録しておきましょう。
他にも、緊急時に自動で電源が入り緊急放送に切り替わる「防災ラジオ」や、「フェイスブック」・「ツイッター」などのSNSでも情報を確認できます。
さまざまな方法がありますから、自分が利用しやすいものを選びましょう。

おすすめ物件情報|名古屋市の物件一覧

まとめ

名古屋市には、各種ハザードマップや防災アプリなど、災害時に役立つものがたくさんあります。
災害が起きたときに慌てないために、事前に取得してしっかりと確認しておきましょう。
特に自宅近くの避難場所については、きちんと知っておくことが大切です。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|敷金礼金なしの賃貸物件を借りるときに注意したいポイントとは?   記事一覧   賃貸マンションに表札は必要?表札をつけるメリット・デメリットもチェック|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る