名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 本店のお役立ちブログ記事一覧 > フリーレントの賃貸物件とは?理由や初期費用とデメリットもご紹介

フリーレントの賃貸物件とは?理由や初期費用とデメリットもご紹介

≪ 前へ|賃貸物件は申し込み後にキャンセルできる?気になるポイントをご紹介!   記事一覧   二人暮らしの間取りを考える際に知っておきたいこととは?|次へ ≫

フリーレントの賃貸物件とは?理由や初期費用とデメリットもご紹介

フリーレントの賃貸物件とは?理由や初期費用とデメリットもご紹介

賃貸物件を探している際に、耳にするフリーレントですが、一体どのような意味があるのでしょうか。
また、フリーレントで借りた場合、初期費用などは通常の賃貸物件を借りる際と異なる部分があるのでしょうか。
今回は、フリーレントで借りた場合の初期費用やデメリットについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

フリーレントの賃貸物件がある理由とは?

フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる賃貸物件を指します。
一定期間といっても一律でいつからいつまでと言った決まりはなく、物件によって左右されます。
なぜ、フリーレントで賃貸物件を貸し出す理由があるのでしょうか。
入居者が決まらない場合、家賃収入が全くない状態のままになります。
ですが、無料期間がある場合でも入居者が決まれば、その後の家賃収入が見込めます。
また、もう一つの理由としては家賃そのものを下げるよりも、無料期間があっても変わらない金額で入居してもらうほうが大家さんにとってはメリットとなるからです。

フリーレントのデメリットとは?

一見お得に見えるフリーレントですが、デメリットはあるのでしょうか。
一定期間家賃が無料のフリーレントですが、管理費や共益費は別途発生する可能性がある点がデメリットでしょう。
家賃に管理費などが含まれている場合もありますが、明細書に別途記載されていると家賃に含まれないため管理費や共益費の準備が必要です。
2つ目のデメリットは、契約期間が定められており期間内に引っ越しすると、大家さんから違約金を請求される場合があることです。
そのため「転勤が多い」「1年以内に引っ越し予定がある」などの場合は、フリーレントのある賃貸物件に引っ越すと、より費用が高くなる可能性があるため注意してください。

フリーレントの賃貸物件の初期費用とは?

家賃が無料になるフリーレントですが、初期費用はどのようになっているのでしょうか。
フリーレントの賃貸物件の場合、賃料のみが無料になります。
そのため、敷金や礼金は無料期間でも発生し、全額無料になるわけではないうえ、管理費もかかります。
また、敷金や礼金が無料の賃貸物件もありますが、フリーレントの場合、数がとても少ないです。
そのため、無料だからといって敷金や礼金の準備がないと引っ越しそのものができない可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

フリーレントの賃貸物件の初期費用やデメリットについてご紹介してきました。
無料である分メリットも多くありますが、一方でデメリットもあります。
年間の支払いにどれくらい差があるかなど、引っ越した際の費用を確認してから、フリーレントの賃貸物件の契約を進めると良いでしょう。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに合った条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件は申し込み後にキャンセルできる?気になるポイントをご紹介!   記事一覧   二人暮らしの間取りを考える際に知っておきたいこととは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る