名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 賃貸物件の床下収納のメリット・デメリットや活用方法をご紹介

賃貸物件の床下収納のメリット・デメリットや活用方法をご紹介

≪ 前へ|追い焚き機能付きの賃貸物件に住むなら?種類やガス代を解説!   記事一覧   賃貸物件に浴室乾燥機は必要なのか?種類や後付けについてもご紹介|次へ ≫

賃貸物件の床下収納のメリット・デメリットや活用方法をご紹介

賃貸物件の床下収納のメリット・デメリットや活用方法をご紹介

床下収納は普段は使わないようなものを片付けておくにはちょうど良い場所です。
賃貸物件では収納スペースが少ないことが多いため、床下収納があると便利です。
ここでは、賃貸物件での床下収納のメリットとデメリットや活用方法、手入れ方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の床下収納のメリットとデメリット

床下収納の最大のメリットは、床下の未利用空間を使用するので居住スペースを犠牲にすることなく収納スペースを確保できることです。
賃貸物件の場合はキッチンにあることが主なので、料理のための作業スペースや動線を邪魔することなく収納スペースが増えます。
ただ、床下は外気の影響を受けやすく、季節によって温度や湿度が変化するため、湿気が溜まりやすくカビやにおいが発生するリスクがあることがデメリットです。
さらに、フタで段差や隙間ができるため、掃除がしにくくホコリや汚れがたまりやすくなることもデメリットでしょう。

賃貸物件の床下収納の活用方法

床下収納は頻繁に開け閉めする場所ではなく、しゃがんで床面のフタを開けて床の下に出し入れすることになるため、日常的に使用する物を収納するには不向きです。
食品の場合は長期間保存ができる醤油や味噌などをストックしたり、防災用の缶詰やレトルト食品などを保存したりするのが良いです。
キッチン用品では、使用頻度が低い卓上コンロやホットプレート、土鍋などを入れるのが良いでしょう。
これらは使用頻度が低いだけでなくかさばるため、大きな収納スペースを必要とします。
床下収納であれば日常生活の邪魔になりません。
また、温度や湿度の変化があるため、それらの影響を受けない洗剤やキッチンペーパー、ティッシュなど日用品のストックを収納するのも良いです。
なお、床下収納は深型であることが多いため、上から見て分かりやすいように収納したり、取っ手のある入れ物で収納したりしておくと取り出しやすいです。

床下収納の手入れ方法

床下収納には湿気が溜まりやすいので、対策として除湿剤や湿気を吸う新聞紙などを入れておくと良いでしょう。
また、年に1回ぐらいの頻度で収納しているものをすべて出して、収納ボックスを拭き掃除しましょう。
洗剤などを使用して拭き掃除でしっかり汚れを落とした後に、消毒用エタノールをまんべんなく吹きかけてしっかり乾かすのが良いです。
消毒用エタノールは大きめのドラッグストアなどで販売されています。
収納するものにも、たとえば梅干しや梅酒などの瓶にも、密閉した後に外側から消毒用エタノールを吹きかけしっかり乾かしてから(ドライコーティング)収納するのが良いでしょう。

まとめ

床下収納がある賃貸物件は貴重です。
賃貸物件では収納スペースが少ないため、床下収納があると使用頻度が低い物や長期保管できる物を収納するのに活用できます。
一方で、湿気が溜まりやすいため、しっかり手入れをしてカビやにおいを発生させないように注意しましょう。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに合った条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|追い焚き機能付きの賃貸物件に住むなら?種類やガス代を解説!   記事一覧   賃貸物件に浴室乾燥機は必要なのか?種類や後付けについてもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る