名古屋市中区の賃貸マンション|部屋貴族 中区大須店 > 株式会社 アンホーム  部屋貴族 大須店のお役立ちブログ記事一覧 > 家族で住む賃貸物件の間取りや家賃の目安をご紹介

家族で住む賃貸物件の間取りや家賃の目安をご紹介

≪ 前へ|賃貸物件の鍵を紛失してしまった!直後の対応や費用の不安を解決   記事一覧   デザイナーズマンションの賃貸物件とは?メリット・デメリットについてご紹介|次へ ≫

家族で住む賃貸物件の間取りや家賃の目安をご紹介

家族で住む賃貸物件の間取りや家賃の目安をご紹介

賃貸物件探しをされているご家族から、どの程度の広さや間取りであれば最適なのか?と質問を受けることが多くあります。
家族の人数や、これからお子さんが生まれたり、成長したりといった変化が考えられると、確かに悩ましい問題です。
そこで、みなさんがどのような部屋を選んでいるのか、その目安などをご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

家族で住む賃貸物件の間取りの目安

どのような暮らしがしたいかによって、最適な間取りは違うものですが、一般的にファミリー層の方々には3LDKが人気です。
3LDKといえば、日中を過ごすことが多いリビング+ダイニングキッチンと、そのほかに居室が3室あります。
そのため、寝室・子ども部屋・書斎などといった形で使用されるパターンが多いです。
お子さんが大きくなられた場合には、子ども部屋を2つ確保できますので、性別が違うお子さんがいても安心です。
また、お子さんが小さい間は子ども部屋も不要ですので、2LDKや1LDKでも十分暮らせる間取りです。
このように、ご家族の人数やお子さんの年齢などによっても異なりますので、今後どのように暮らしていきたいかによって、間取りを決められると良いでしょう。

家族で住む賃貸物件の家賃の目安

一般的に賃貸物件の家賃の目安は、収入(手取り額)の3分の1までとされています。
たとえば、手取り額が30万円の場合は、10万円までの部屋を借りることが目安です。
しかし、お子さんがいるファミリー層の場合は、いつ何が起きるかわかりません。
お子さんの病気やケガもそうですし、ご近所付き合いやご主人の会社での付き合いなども多い年代だと考えられますので、余裕を持った暮らしをしたいものです。
よって、ファミリー層の場合、月収から見た家賃は4分の1程度を目安とするほうが安心でしょう。

家族で住む場合の住み替えのタイミング

ご家族での暮らしは、ライフステージごとに住み替えられている方も多くいらっしゃいます。
たとえば、お子さんが小学生になられるタイミングで子ども部屋が必要になるため、部屋数の多い物件にお引っ越しをされるケースは多いです。
そのほかにも、二人目が生まれたときや、中学生になられるタイミングで1人ずつの子ども部屋が必要になった場合なども考えられます。
また、お子さんが独立されてご夫婦お二人の暮らしに戻られたときなどは、コンパクトな間取りの部屋に住み替えられるケースもあります。
このように、お子さんの成長とともにライフステージが変わることをきっかけに、住み替えされることが多いのが事実です。

まとめ

ご家族で住まわれる場合の、賃貸物件選びの参考になる間取りや家賃の目安についてご紹介しました。
住み替えのタイミングでは、お子さんの成長がきっかけになるとお伝えしましたが、ほかにも転勤など仕事の関係で引っ越しされることもあると思います。
そのときどきで、最適な部屋を見つけられることを願っています。
私たち部屋貴族は、名古屋市を中心にさまざまなニーズに合った条件の物件情報を取り扱っております。
弊社のスタッフがお客様に納得いただけるご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の鍵を紛失してしまった!直後の対応や費用の不安を解決   記事一覧   デザイナーズマンションの賃貸物件とは?メリット・デメリットについてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る